読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wall Surrounded Journal

http://twitter.com/call_me_nots

はてなハイクで自分の投票行動をアップする。

選挙カー燃ゆる夏、いかがお過ごしでしょうか?
最近ニコ生などで政治関連の話を勝手にやって楽しみだした身としては非常に心苦しい夏でございます。


さて、先日このようなエントリがありました。

衆議院選挙の投票行動をブログにアップしよう - ガ島通信

第45回衆議院選挙が明日(18日)公示されます。日経IT-PLUSのコラム政治家を「ネット選挙」解禁に動かす方法で、『ネット選挙解禁の流れをつくるには、ネットユーザーが投票することが一番の近道だ。その際に大事なことは選挙に積極的に関わっていることを「見せる」ことだ』『投票したことをブログに書くだけでもいい。ネットユーザーの関わりが見えれば、「選挙に落ちればただの人」になる政治家はもっとネットを意識するようになるはずだ』と書きましたので、言う(書く)だけでなく投票したことをブログで報告する企画を提案したいと思います。

コラムでは「ネット選挙」を取り上げていますが、この企画への参加はアジェンダを限ったものではありません。目的は、選挙への関心向上とネットユーザー、若者の投票行動の可視化にあります。

要は「ネット住民、かく闘へり」をヴィジュアライズしましょうよってこと。
賛同〜!


具体的には...

具体的には、投票した後に、投票したことと投票所や案内板の写真をアップしてください。どの党やどの候補者に投票したかを書くと選挙運動とみなされる可能性があるので注意してください。以前にもこの企画はやったことがあり、何も指摘されていませんが、気になる方は30日の投票終了後にアップしてください。


と、いうわけでtwitterはにわか、たんぶってもいない私は市民と致しまして...


はてなハイク」で投票行動アップをやりたいと思います。


ノリがいい方は乗ったって下さいね!案外やる気でますので。
※あくまでも投票「行動」についてがテーマですので、政党や候補者の批判や賛辞を送るのはやめて下さいね!



●衆議院選挙の投票行動をアップしよう - はてなハイク
h.hatena.ne.jp/keyword/衆議院選挙の投票行動をアップしよう